「STREAM」導入の効果

REITマネジメント業務における多くの課題を解決し、効率化、作業標準化、業務の高度化などを実現します。

REIT運営におけるIT化の検討ポイントの図

STREAM導入前の状況

各社とも社内作成のExcelを利用

各社共通事項

効率化リスク軽減標準化

● Excelの以下の弱点を払拭または軽減

  • 手作業による人的ミス
  • プログラム仕様や業務の仕組みを主因とした属人性を助長
  • 人手によるプログラム改変や別バージョンの生成
  • 最新のファイル(最新バージョン)がどれかが分かりにくい
  • 同時作業の困難さ
  • 過去データの利用や集計の困難さ

情報共有

● 情報の一元管理を実現

  • STREAM上のデータが、マスターデータとしてオーソライズ

標準化

● 作業の標準化

  • 業務ツールとしてSTREAMを利用により、作業が標準化される
  • 作業概念が統一されているので集計や比較が容易

意識共有

● 部門間の連携が容易に可能

  • STREAM上の機能で作業やデータが共有されることで、相互理解が深まる

AM機能導入先

効率化高度化

  • データ量が多い物件やレントロールの管理やデータの呼び出しがスムーズになった
  • 集計や個別情報の対比がSTREAM上で容易に実現、合わせてEXCELを含めたレポート化の実現
  • スタッキングチャートやヒストリカルチャート、パイチャートを視覚的に確認可能。社内会議にも展開
  • 予算のマルチシナリオ管理(相互比較含む)が実現

FM機能導入先

効率化高度化

  • 取得・売却・PO・借入毎の諸条件を簡便に組み合わせ、シナリオに応じた複数の結果を容易に取得可能
  • シミュレーションごとの比較も容易に実施
  • 試算結果の要因を容易に分析
  • 借入の管理レポートを精緻に生成

IRツール導入先

  • 手作業による人的ミスの軽減
  • 根本原因の修正手当により、派生先への展開により効率化実現